イベント報告

2024年度前期宗教週間資料展示「戦争・平和・キリスト教」を行いました

2024年6月25日 18時05分

2024年度前期宗教週間のテーマ「平和・愛・いのち」にちなんで、6月17日~6月22日に「戦争・平和・キリスト教」をテーマに、平和とキリスト教の関係について考えるきっかけになるような書籍の展示を行いました。

展示をご覧になった方には、東京女子大学が教育の根本方針としているキリスト教が平和の実現のために果たす役割について、考えを巡らせていただけたのではないかと思います。

歴史文化専攻学生有志による書籍展示「21世紀の戦争を考えるために」と同時開催の形となり、戦争そして平和についてあらためて考える機会にもなりました。

写真_Webサイト報告用

歴史文化専攻学生有志による展示「21世紀の戦争を考えるために」を行いました

2024年6月25日 18時00分

2024年6月5日~6月22日に歴史文化専攻の学生有志と柳原先生で「21世紀の戦争を考えるために」と題した展示を行いました。
これは6月7日に開催されたアメリカ外交政治の研究者 三牧聖子さん(同志社大学)の講演会に連動して企画され、有志学生が中心となって本を選びキャプションを書きました。

戦争についてあらためて考えるきっかけともなり展示の本は次々と借りられ、関心の高さがうかがえました。

写真_Webサイト報告用

講座「『クマのプーさん』は荻窪生まれ」を実施しました

2024年5月28日 16時20分

東京女子大学図書館は杉並区内にある大学図書館として「杉並で出会う 新しい世界」というテーマの下、地域に貢献する活動をしようと、杉並区立中央図書館と連携して企画を実施することになりました。その第1回を、長年にわたり東京女子大学で教鞭をとられているイギリス児童文学と翻訳学の研究者 田中美保子先生が講師となり、4月20日(土)午後2時から荻窪の中央図書館ホールにて開催しました。

 講座「『クマのプーさん』は荻窪生まれ」は、「プーさん」の魅力についてはもちろんのこと、作者A.A.ミルンの人生に「プーさん」の成功がもたらした影の部分、ミルンの伝記を著したアン・スウェイト氏と講師自身との交流、日本語版『クマのプーさん』の生みの親である石井桃子氏の紹介、加えて物語の舞台アッシュダウンの森を学生達と訪れた映像も上映され、あっという間の90分でした。中央図書館をふだんから利用している方を中心に地域にお住まいの方や東京女子大学卒業生など、会場いっぱいの参加者40名(9名は関係者)が熱心に聞き入っていました。

◆講座の感想(参加者アンケートより)
「非常に面白かったです」
「はじめて知ったことがたくさんあり、とても面白かったです」
「プーさんの物語の良さを再認識することができました」
「原文と翻訳の対比を面白いと思いました」
「プーさんの物語に光だけでなく影があったとは知らなかったので興味深かったです」
「作者ミルンの苦悩について知ることができ興味深かったです」

20240420_142231

2024年度前期「学生選書ツアー」を実施しました!

2024年5月23日 16時40分

518日(土)に2024年度前期学生選書ツアーを実施しました。
今回は8名の学生が紀伊國屋書店新宿本店に出向いて選書しました。
参加した学生からは
「興味のある分野の本が取り揃えられており、心の中で歓声を上げるほど嬉しくなりました。」
「たくさんの本から限られた数を選ぶのは難しかったけれど、それを迷っている時間も楽しかったです。図書館で自分の選んだ本を手に取れる日が来るのが楽しみです。」
などの感想が寄せられました。

所蔵が決まった図書及び参加者のポップ・書評は、7月に図書館1階コミュニケーション・オープンスペースにて展示予定ですので、ぜひご覧ください。

次回は202410月に開催予定です。

写真1 写真2

新入生図書館オリエンテーションを実施しました!

2024年4月23日 14時48分

4月4日(木)に新入生図書館オリエンテーションを実施し、850人余りの新入生が参加しました。
オリエンテーション前半は大学院生の学習コンシェルジェによる図書館活用法レクチャー、後半は学部上級生がガイド役を務める館内ツアーで、新入生は時に真剣に、時に楽しそうに話を聞いていました。図書の貸出方法はもちろん、グループ学習やリフレッシュルームでの息抜き、多読本コーナーやAVブースの利用など、様々な目的で滞在できる図書館であることを体感してもらえたのではないかと思います。
新入生の皆さんが図書館を大いに活用し、自分なりのお気に入りの過ごし方を見つけてくれることを図書館員一同楽しみにしています!

 IMG_3677

IMG_7819